肛門外科

痔をはじめとする肛門に疾患のある方やお尻に関連する診療を行っております。

痔について

痔は大きく分けて「痔核」「痔ろう」「裂肛」の3つの種類に分けられます。

主な痔の種類と症状について

正常時

痔核 (ジカク)

肛門疾患の約半数を占めています。肛門にいぼ状の腫れができた状態をいいます。肛門の皮膚の部分と直腸の境目である歯状線よりも上のほうにできるものを内痔核、歯状線より下の肛門の上皮にできるものを外痔核と呼びます。出血が主ですが、大きくなると痛みも出てきます。

裂肛 (レッコウ)

硬い便や下痢便を繰り返すことによって肛門に傷ができてしまった状態。
切れ痔、裂け痔とも呼ばれ、痛みが強く治りにくいため、慢性化するケースも少なくありません。痛みと出血が特徴です。

痔瘻 (ジロウ)

肛門内の小さなくぼみ(肛門陰窩)から入った細菌が肛門腺の中で化膿し、肛門の内と外がトンネル状につながって皮膚の出口から膿が出るものをいいます。急に痛みや腫れを来たすことが多く、熱がでることもあります。

診療の流れ

問診

肛門部の症状(違和感・出血・痛み・膿の排出など)経過、排便や生活習慣について聞き取りします。

視診・触診・肛門指診

肛門部分を目で見て観察し(視診)、直接触れて状態を調べ(触診)、さらに肛門に指を入れて診察(肛門指診)を行っていきます。このなかで肛門指診は得られる情報が多く大切な検査です。

肛門鏡検査

肛門鏡という器具で肛門を押し広げて、内部の状態を観察します。

治療について

痔核

【保存的治療】
軽度の痔核で、内服薬、座薬、排便習慣や食生活などの生活習慣の見直しを行っていただきます。
【ジオン注】痔核硬化療法
中度の内痔核が対象で、局所麻酔下に、内痔核周囲に硬化剤を注射し固めてしまうことによって、縮小・退縮させてしまう方法です。有効性が高く、痛みもほとんどなく、日帰り入院もしくは数日間の入院が必要となります。
【手術】
重度の痔核が対象で、腰椎麻酔(あるいは、仙骨硬膜外麻酔・肛門付近のみの麻酔)下に、痔核切除を行います。当院ではジオン注と併用することで負担を軽減して、術後の合併症を軽くし入院期間を短縮しています。

裂肛

【保存的治療】
坐剤・軟膏・内服薬での治療や、排便習慣や食生活などの生活習慣の見直しを行っていただきます。
【手術】
内服や坐剤、軟膏でも良くならなず、慢性化したもの。入院手術が必要になります。

痔瘻

【保存的治療】
保存的治療や薬物療法での治癒は難しく、一旦治ったようでも再発し、多くの場合根治的な手術が必要です。